So-net無料ブログ作成
-| 2018年02月 |2018年03月 ブログトップ

織豊期城郭研究会2018特別研究集会in佐和山城「徹底追及!豊臣の城からみた佐和山城」 [お城情報]

お城のシンポジウムの案内です。
かなり専門的な内容ですので、研究者対象です。


織豊期城郭研究会2018特別研究集会in佐和山城「徹底追及!豊臣の城からみた佐和山城」
日 時 2018年3月3日(土)~4日(日) 
場 所 鳥居本地区公民館(滋賀県彦根市鳥居本1491-6)
定 員 120名
参加費 3000円程度
内 容
3日 13時~16時30分
「佐和山城と城下町の構造―大手を考える」中井均氏(織豊期城郭研究会)
「佐和山城下町の復元―絵図と古文書から探る」太田浩司氏(長浜城歴史博物館)
「豊臣期佐和山城の形成過程」下高大輔氏(織豊期城郭研究会)
4日 9時30分~16時30分
「豊臣期大坂城に関する調査研究の現状と課題」市川創氏(大阪府教育庁)
「郡山城天守台からみえる豊臣期の築城の様相」十文字健氏(大和郡山市教育委員会)
「東海道の拠点城郭 水口岡山城」小谷徳彦氏(甲賀市教育委員会)
「表面波探査による聚楽第の復元研究」古川匠氏(京都府教育庁)
「宇喜多秀家の備前岡山城」乗岡実氏(岡山市教育委員会)
「近年の伏見城跡調査成果について」奥井智子氏(京都市文化財保護課)
シンポジウム 
徹底追及 豊臣の城からみた佐和山城
問合せ
佐和山城研究会・織豊期城郭研究会
shokuhoujoken@gmail.com
nice!(11)  コメント(0) 

沼田城 その7 [お城踏査]

沼田城の続きです。

IMG_1677.JPG

捨曲輪です。

本丸の北にあります。

IMG_1678.JPG

平八石です。

沼田平八郎景義の首級を載せた石です。

平八郎は沼田城を築いた沼田氏12代顕泰の側室の子で、摩利支天の再来と言われた勇将です。

平八郎は真田昌幸に騙されて沼田城で殺されます。

昌幸は平八郎の首級をこの石の上に置きました。

IMG_1692.JPG

本丸にある鐘突き堂です。

城とは関係ありません。

(終わり)
nice!(14)  コメント(0) 

沼田城 その6 [お城踏査]

沼田城の続きです。

IMG_1685.JPG

本丸の西櫓台の石垣です。

きれいな切石がつかわれています。

IMG_1686.JPG

沼田城で石垣が残るのはここだけです。

よく沼田城の紹介の写真に使われています。

IMG_1688.JPG

石垣の説明です。

真田氏の時代の遺構です。

IMG_1689.JPG

西櫓の石垣と石段です。

IMG_1674.JPG

西櫓台の石垣です。

(続く)
nice!(22)  コメント(2) 

沼田城@群馬県沼田市 その5 [お城踏査]

前のブログ「山城踏査日記Ⅱ」の容量がマックスに達したので、新しいブログに移行しました。

そのため、記事も続きです。

沼田城の続きです。

沼田城は群馬県沼田市にあった近世城郭です。

大河ドラマ真田丸にも登場して有名になりました。

IMG_1665.JPG

正保城絵図の沼田城です。

五重の天守が描かれています。

IMG_1666.JPG

前の図で現在地と書かれているあたりです。

天守台ですが、石垣は取り払われていて、遺構はほとんどありません。

IMG_1668.JPG

本丸に建つ城主真田信之と妻の小松姫の像です。

新しそうなので大河ドラマを記念して建てられたのでしょうか。

小松姫は徳川四天王の一人本多忠勝の娘です。

IMG_1669.JPG

本丸跡です。

遠くに見える櫓が今は沼田城のシンボル的存在です。

IMG_1670.JPG

真田氏時代の沼田城の想像図です。

(続く)

nice!(12)  コメント(0) 

-|2018年02月 |2018年03月 ブログトップ