So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

猫寺 [寺院]

京都市上京区にある猫寺です。

IMG_2985.JPG

称念寺といい、浄土宗知恩院派の寺院です。

慶長11年(1606)に松平伊豆守信吉が建立しました。

IMG_2987.JPG

本堂です。

当寺に葬られた松平信吉の母が徳川家康の異父妹だったため三つ葉葵を寺の紋にしています。

IMG_2989.JPG

今も軒瓦には三つ葉葵が見られます。

三代目住職の頃は松平家と疎遠となり次第に荒廃しました。

三代目住職は猫好きでしたが、寺が貧窮しているのに猫が美しい姫に化けてのんきに舞を舞ったために怒り、猫を追放しました。

数日後猫が夢枕に立ち、松平家との復縁を取り付けたと報告しました。

猫のお陰で寺は立派に再興しました。

その後、寺は猫に感謝して猫の霊を厚く守護しました。

IMG_2988.JPG

本堂の前にある松は愛猫を偲び伏した猫の姿になぞらえて植えられたものです。

よく見ると猫に見えるかな。

称念寺はいつか「猫寺」と呼ばれました。

今も動物供養が行われています。

nice!(18)  コメント(0) 

釘抜地蔵尊 [寺院]

京都市上京区にある釘抜地蔵尊です。

IMG_2980.JPG

正しくは光明遍照院石像寺という浄土宗の寺院です。

釘抜地蔵またはくぎぬきさんとして親しまれています。

弘法大師の開基と伝えられもとは真言宗でしたが、重源上人が中興して浄土宗になりました。

IMG_2983.JPG

地蔵堂です。

地蔵堂に安置される石造地蔵菩薩は弘法大師の作と伝えられます。

もとは苦しみを抜き去ることから苦抜地蔵と呼ばれていましたが、それが訛って釘抜地蔵となりました。

一説には手の病気に苦しむ商人の夢に地蔵菩薩が現れて手に刺さっていた二本の恨みの釘を抜いて救ったことから釘抜地蔵と呼ばれたとも言われます。

IMG_2984.JPG

地蔵堂にはたくさんの釘抜がお礼として奉納されています。
nice!(28)  コメント(2) 

千本釈迦堂 [寺院]

千本釈迦堂です。

IMG_2971.JPG

京都市上京区にあります。

大報恩寺が正式名称です。

真言宗智山派の寺院です。

IMG_2973.JPG

本堂の釈迦堂です。

国宝です。

入母屋造、檜皮葺の建物です。

安貞元年(1227年)に建てられました。

意外にも京都市内では最古の建物です。

IMG_2974.JPG

蔀戸を備えるあたりも古さを感じます。

IMG_2978.JPG

おかめ塚です。

おかめは本堂の大工の棟梁であった長井飛騨守高次の妻です。

本堂を建てるときに柱を切り誤って困っていたところ、おかめが斗組を用いることをアドバイスしてうまく完成することができました。

しかし、妻の助言で完成したことがわかると知れてはと上棟式を前に自害してしまいました。

高次は妻の冥福を祈るため宝篋印塔を建て、福面を付けた扇御幣を飾ったと言われます。

全国のおかめ信仰の発祥地です。

IMG_2979.JPG

その後大報恩寺は大工の信仰を集めるようになりました。

nice!(29)  コメント(2) 

御土居 [お城踏査]

御土居が北野天満宮の境内に残っています。

IMG_2956.JPG

御土居です。

あまりに大きすぎて土居とわからないくらいです。

御土居は豊臣秀吉が京都を守るために天正19年(1591)に周囲を土塁で囲んだ遺構です。

延長は22キロに及びました。

IMG_2962.JPG

説明です。

大きな看板です。

IMG_2958.JPG

悪水抜きです。

御土居のために内側から外側への排水を遮る問題がありました。

そのため土居を貫通する切石組暗渠が作られていました。
nice!(27)  コメント(1) 

北野天満宮 [神社]

京都市上京区にある北野天満宮です。

IMG_2951.JPG

菅原道真を祀ります。

菅原道真は藤原時平の讒言により大宰府に左遷されて没します。

その後都では落雷など災害が続き、これを道真の祟りとして天満宮が建てられました。

大鳥居です。

IMG_2953.JPG

山門です。

大きな楼門です。

IMG_2970.JPG

拝殿です。

本殿の西に脇殿を配し、拝殿の両脇には楽の間を備えた複雑な形をしています。

IMG_2955.JPG

このように複雑な形の屋根です。

八棟造、権現造りと称され、国宝です。

IMG_2965.JPG

境内にある文道会館では乃木坂46伊藤万理華の脳内博覧会を開催していました。

伊藤万理華が考えるFASHION、ART、MOVIE、RADIOの展覧会です。

彼女の独特の世界観が見られる展覧会でした。

IMG_2952.JPG

伊藤万理華は今は乃木坂46を卒業しています。
nice!(29)  コメント(1) 

六角堂 [寺院]

六角堂は京都市中京区堂之前町にある寺院です。

IMG_2931.JPG

山門です。

天台宗の寺院です。

正式には紫雲山頂法寺と言いますが、本堂の形が六角形なので六角堂と呼ばれています。

IMG_2932.JPG

説明です。

聖徳太子が小野妹子とともに用材を求めるためこの地を訪ねた際に、池で水浴をしたとき持仏の如意輪観音像を置いたら像は重くなり動かなくなってしまった。

そして観音像は光明を発し、自分は七生にわたって太子を守護してきたが、今後はこの地にとどまり衆生を済度したいと告げたので、この地に用材を用いて六角堂を建てたのが始まりと言われます。

IMG_2936.JPG

聖徳太子ゆかりの太子堂です。

六角形をしています。

聖徳太子二歳像を安置しています。

回りの池が聖徳太子が水浴した池です。

IMG_2934.JPG

本堂です。

頂法寺と書かれています。

大きな堂ですが境内が狭いので六角形の形がわかりにくいです。

IMG_2938.JPG

こんな感じです。

六角形の形状がわかるでしょうか。

IMG_2947.JPG

本堂の前の提灯です。

IMG_2946.JPG

ヒヨコの御神籤です。

IMG_2948.JPG

水盤です。

六角堂と書かれています。

IMG_2941.JPG

へそ石です。

長岡京より平安京に遷都の時に六角堂が道路の中央に当たったために桓武天皇が祈願されたら御堂が自ら15mほど北に退かれたと伝えられます。

この石はその際に取り残された礎石と言われます。

かつては六角通りの中央にありましたが、明治時代に境内に移されました。

IMG_2950.JPG

六角堂の隣に池坊の本部があります。

聖徳太子の命により小野妹子が六角堂に花を供えたことが華道の由来とされています。

六角堂が池のほとりにあったことから「池坊」と呼ばれています。

六角堂の住職が池坊の家元を兼ねています。

nice!(23)  コメント(1) 

二条殿跡 [お城踏査]

二条殿跡です。

IMG_2927.JPG

石碑です。

京都市中京区両替町付近です。

二条殿は二条良基の邸宅跡です。

邸内には龍躍池があり、その景観の美しさから皇族や織田信長が好んだと言われます。

天正10年の本能寺の変の際には織田信長の長男信忠が立て籠もり全焼しました。

旧二条城、二条城と似ていて紛らわしいですが、別の館です。

IMG_2928.JPG

二条殿は遺構は残っていません。

現在は京都国際マンガミュージアムになっています。

IMG_2925.JPG

近くには得だわ時代の銀座跡があります。

京都は町のあちらこちらに史跡があり、歩いていて楽しいです。
nice!(24)  コメント(0) 

旧二条城跡 [お城踏査]

京都市上京区烏丸下立売にあった旧二条城跡です。

IMG_2918.JPG

ほぼ、足利義輝邸と同じ場所です。

IMG_2920.JPG

説明です。

永禄12年(1569)に織田信長が15代将軍足利義昭の居城として約390m四方の城を築きました。

70日間の短期間で二重の堀と三重の天守を備えていました。

四方に石垣を高く築き、内装は金銀をちりばめ、庭には泉水、築山が作られた豪華な城でした。

IMG_2919.JPG

その後信長は義昭を追放して東宮誠仁親王を迎え入れて、二条御所として使われましたが、室町幕府の滅亡に伴い廃城となりました。

IMG_2921.JPG

推定地の地図です。

IMG_2917.JPG

現在の平安女学院を中心とした敷地でした。

セント・アグネス・スクールです。

アグネスは紀元305年ローマ皇帝の迫害により13歳で殉教した少女の名です。

セント・アグネスは少女の守護聖人として崇められています。

IMG_2924.JPG

庫の通りは室町通りと呼ばれています。

さすが京都です、歴史を感じます。
nice!(36)  コメント(1) 

斯波氏武衛陣・足利義輝邸跡 [お城踏査]

京都市上京区にある斯波氏武衛陣・足利義輝邸跡です。

IMG_2911.JPG

今は石碑が建つのみです。

IMG_2913.JPG

説明です。

室町幕府の第一の家格として三管領の筆頭斯波義将は宮中御所を守護していた唐名をとって武衛と呼ばれていました。

いつかこの地は武衛陣と呼ばれるようになりました。

武衛陣は応仁の乱で焼失したが、現在も武衛陣町と呼ばれています。

のちに室町幕府13代将軍足利義輝がこの地に邸宅を構えました。

永禄8年(1565)に松永久秀に衝撃されて死去しました。

IMG_2915.JPG

現在は平安女学院の敷地となっています。

セント・アグネス・スクールです。

IMG_2914.JPG

赤点線部分が屋敷跡です。
nice!(33)  コメント(3) 

東北新幹線やまびこ [鉄道]

東北新幹線やまびこです。

IMG_2905.JPG

先頭車両です。

白と紺色のツートンの塗装にピンクの帯を入れています。

東北新幹線は緑の新幹線のイメージがあったけど、最近はなくなりましたね。

東京駅から盛岡駅の間で運行されています。

IMG_2902.JPG

E225系です。

10両編成運行されています。

IMG_2907.JPG

車内の様子です。

2列と3列の5列構成です。
nice!(16)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ