So-net無料ブログ作成
発掘調査現地説明会 ブログトップ

岐阜城山腹石垣見学会 [発掘調査現地説明会]

最近新たに発見された岐阜城の山腹石垣の見学会に行って来ました。

IMG_6176.JPG

説明しにくい位置ですが、馬の背登山道と瞑想の小道の間の尾根です。

標高160mほどの位置です。

赤ケ洞の付近です。

IMG_6196.JPG

説明会の様子です。

岐阜市教育委員会の担当者からの説明です。

IMG_6198.JPG

これが見つかった石垣です。

石垣と言ってもかなり崩壊していて部分的に残るのみです。

長さ2mもあり、山麓の信長居館のものと似ているそうです。

IMG_6200.JPG

残る石をつなげるとコーナーを作ることができます。

大きな石を使うことで麓からの見上げをよくしていました。

IMG_6191.JPG

説明会の資料です。

4段の削平地があり、②の部分が最大で20mほどの長さです。

説明によると織田信長の息子の信忠の館があったのではということでした。

かなりの細尾根で、井戸もなく、こんなところに住むのは大変だなぁと思いました。

発掘調査をしていないので、遺物は不明です。

今後の詳細な調査が待たれます。

さらに時代が遡る可能性もあるそうです。
nice!(29)  コメント(1) 

吉田城の発掘調査現地説明会 [発掘調査現地説明会]

愛知県豊橋市の吉田城の発掘調査現地説明会に参加しました。

IMG_4319.JPG

説明会の案内です。

IMG_4335.JPG

本丸鉄櫓の下の石垣を発掘しました。

大勢の見学者がありました。

お城ブームは健在です。

IMG_4346.JPG

石垣を発掘したところです。

現在の堀底より2mほど深いところが江戸時代の堀底でした。

IMG_4345.JPG

鉄櫓の石垣は天正18年に吉田城主となった池田輝政が築いたと言われます。

発掘調査によると石垣を築いた時に、堀底を更に幅2m、深さ1mほど掘り込んで砂礫土、粘質土、河原石など多様な資材を突き固めて整地していました。

石垣の下は胴木などはなく、地盤が緩いために地固めにより石垣が崩れないように保護していたようです。

IMG_4354.JPG

堀底からは軍隊時代の土管も見つかっています。

IMG_4373.JPG

本丸から見た発掘現場です。

IMG_4331.JPG

池田輝政期の巴の軒丸瓦です。

今回の発掘で初めて発見されました。

コビキBです。

nice!(10)  コメント(1) 
発掘調査現地説明会 ブログトップ