So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

長浜城発掘調査現地説明会 [発掘調査現地説明会]

滋賀県長浜市の長浜城発掘調査現地説明会に行って来ました。

長浜城は小谷城に浅井長政を滅ぼした後に入った羽柴秀吉が築きました。

当時は今浜といいましたが、秀吉が信長の長の字をとって長浜と改名しました。

IMG_2426.JPG

長浜城は江戸時代には廃城となって遺構はほとんど残っていません。

今回は試掘調査により秀吉時代の石垣の一部が見つかりました。

石は7列見つかりました。

その内側にはぐり石もありました。

しかし、石垣の下には胴木もなく、せいぜい高さ4mほどの石垣だったと推定されます。

石垣の外には水堀の痕跡はありませんでした。

本丸と考えられていた範囲より50mほど広がりました。

ただ堀がないために本丸内の別の区画かもしれませんが、発掘範囲が狭くわかりません。

IMG_2422.JPG

炎天下にもかかわらず全国から城郭ファンが押し寄せました。

全国紙に掲載された関係と秀吉の城というネームバリューが大きいです。

IMG_2407.JPG

本丸の他に天守閣の跡でも発掘調査が行われていました。

こちらも大きな石が出ていましたが、動いていて様子はわかりませんでした。

今後の調査に期待ですね。
nice!(23)  コメント(0) 

高山神社 [神社]

三重県津市にある高山神社です。

IMG_8292.JPG

津城の隣にあります。

IMG_8294.JPG

本殿です。

津城の城主藤堂高虎を祀ります。

高山という名は高虎のおくり名です。

戦国武将で神になったのは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が有名ですが、実はけっこうたくさんいます。

IMG_8296.JPG

絵馬です。

けっこうシンプルです。
nice!(29)  コメント(0) 

津城 その4 [お城踏査]

津城の続きです。

IMG_8278.JPG

入徳門です。

津城の門ではなくて、藩校の門です。

IMG_8280.JPG

津城の出丸の門跡です。

IMG_8283.JPG

出丸です。

堀切に犬走りがあります。

IMG_8286.JPG

本丸の堀です。

堀の半分は埋められていますが、北側は残っています。

IMG_8289.JPG

本丸の櫓台です。

ここに三重櫓が建っていました。

IMG_8300.JPG

本丸の南の虎口です。

堀は埋められています。

IMG_8305.JPG

最後に模擬櫓をもう一度。

(終わり)
nice!(29)  コメント(0) 

津城 その3 [お城踏査]

津城の続きです。

IMG_8233.JPG

説明です。

津城は織田信長の弟信包により築城されました。

天正8年には五重の天守が完成しました。

慶長13年(1608)藤堂高虎が今治から移り、城を大改修しました。

IMG_8235.JPG

津城の縄張り図です。

本丸を中心とした輪郭式の縄張りです。

本丸に2つの馬出が付いています。

IMG_8251.JPG

本丸の虎口です。

IMG_8275.JPG

天守台です。

天守は残っていません。

IMG_8253.JPG

天守の入り口は口を開けていますが、そこまでのルートがありません。

天守台は穴藏でした。

IMG_8252.JPG

天守台の石垣です。

算木積みになっています。

(続く)
nice!(29)  コメント(1) 

津城 その2 [お城踏査]

津城の続きです。

IMG_8227.JPG

模擬復元された三重櫓です。

IMG_8228.JPG

津城の本丸には三重櫓がありましたが、模擬復元された三重櫓は形も場所も違います。

IMG_8224.JPG

三重櫓が建てられた場所は虎口跡で櫓台ではありません。

櫓の石落しです。

形だけの復元です。

IMG_8239.JPG

模擬復元ですが、建てられて長年が経ち、津城のシンボルとなっています。

IMG_8234.JPG

津城の古写真です。

三重櫓が連なっていました。

この櫓を復元して欲しいという声がありますが、正式な計画にはなっていません。

(続く)
nice!(25)  コメント(2) 

津城@三重県津市 [お城踏査]

津城は三重県津市にある近世城郭です。

IMG_8217.JPG

本丸の石垣と堀です。

IMG_8218.JPG

かつては石垣の上に三重櫓と多聞櫓がありました。

今は石垣のみです。

IMG_8220.JPG

櫓台石垣です。

IMG_8221.JPG

石垣の矢穴です。

(続く)
nice!(22)  コメント(1) 

松ケ島城@三重県松阪市 [お城踏査]

松ケ島城は三重県松阪市にありました。

IMG_8204.JPG

田の中に天守台と伝わる土盛が残るのみです。

IMG_8206.JPG

石碑です。

三重県の史跡です。

IMG_8207.JPG

説明です。

天正8年(1580)織田信長の次男信雄は田丸城から松ケ島城に移して、五重の天守を持つ城を築きました。

天正12年に蒲生氏郷が12万石で入ると、新たに松坂城を築いて移り、松ケ島城は廃城になり、元の一寒村に戻りました。

絵図や検地帳には天主跡、堀之内、丸の内、城の内、日の丸という城館関連地名や、殿町、本町、西町、紙屋町、ほうく町、鍛冶町という町名があり、往時を偲ばせます。

IMG_8209.JPG

城跡付近の図てす。

当時を偲ぶことが出来ます。

IMG_8200.JPG

僅かに残る堀跡です。

IMG_8203.JPG

本丸付近です。

天守台の付近がわずかに残るのみです。

城跡への案内もなく、田の中なのでとてもわかりにくい場所です。
nice!(24)  コメント(0) 

大河内城 その2 [お城踏査]

大河内城の続きです。

IMG_8179.JPG

主郭の神社です。

IMG_8178.JPG

石垣ですが、当時の物でしょうか。

IMG_8180.JPG

主郭にある説明板です。

IMG_8186.JPG

石碑です。

昭和12年に建てられました。

IMG_8181.JPG

測量図です。

標高110mの山に築かれています。

七尾七谷といわれる複雑な地形であり、要害の地でした。

IMG_8188.JPG

西の丸へ続く尾根と堀切です。

IMG_8195.JPG

マムシ谷と西の丸です。

マムシ谷は織田信長に攻められた激戦地です。

七尾七谷といわれた谷のひとつです。

マムシの居そうな谷です。

IMG_8190.JPG

西の丸です。

IMG_8192.JPG

西の丸の現況です。

神社が鎮座します。

(終わり)
nice!(26)  コメント(0) 

大河内城@三重県松阪市 [お城踏査]

大河内城は三重県松阪市にあった中世城郭です。

IMG_8165.JPG

山麓にある説明看板です。

簡易な図面ですが、よく特徴を捉えています。

IMG_8169.JPG

大河内城の遠景です。

寺院の裏山です。

それほど高い山でありません。

IMG_8170.JPG

登り口の案内です。

説明は多いです。

IMG_8166.JPG

説明です。

大河内城は北畠氏の城です。

永禄12年に織田信長に攻められて1月間籠城戦を行いましたが、開城しました。

IMG_8172.JPG

搦め手門跡です。

IMG_8175.JPG

馬場跡です。

説明の碑は各所に建てられています。

(続く)
nice!(28)  コメント(0) 

松坂城の移築門 [移築城門]

三重県の松坂城の門が松阪市内に移築されています。

IMG_8154.JPG

松阪市白粉町の来迎寺に移築されています。

白粉町は「おしろいまち」と読みます。

IMG_8161.JPG

本瓦葺き薬医門です。

鯱も載っていて風格あります。

IMG_8156.JPG

扉の蝶番です。

大切にして欲しいですね。

nice!(25)  コメント(2) 
前の10件 | -