So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

名古屋城本丸御殿完成 その2 [名古屋城本丸御殿]

いよいよ上洛殿の上段の間です。

IMG_6609.JPG

上段の間です。

上洛殿は将軍専用の建物なので名古屋城本丸御殿の中では最も格式が高いです。

床の間、違い棚を持つ武家風書院造りです。

付書院はありません。

IMG_6606.JPG

武者隠しです。

長押まで障壁画が描かれています。

画題は帝鑑図です。

狩野探幽によるものです。

IMG_6605.JPG

天井も豪華絢爛です。

黒漆塗二重折り上げ蒔絵付き格天井です。

IMG_6613.JPG

一の間から見た上段の間です。

欄間が素晴らしい。

大きな鶴が彫られています。

IMG_6611.JPG

一の間の天井です。

黒漆折り上げ格天井です。

IMG_6614.JPG

一の間と二の間の間の欄間です。

襖は帝鑑図です。

IMG_6615.JPG

釘隠しです。

細かな彫刻です。

IMG_6616.JPG

引手金具です。

葵の紋が入れられています。

IMG_6617.JPG

引き戸の黒漆にも葵の紋がデザインされています。

IMG_6618.JPG

二の間です。

床の間が作られています。

IMG_6621.JPG

二の間の天井です。

格天井に蒔絵が書かれています。

IMG_6620.JPG

欄間も素晴らしいです。

IMG_6622.JPG

三の間です。

雪中梅竹鳥図です。

狩野探幽による絵です。

IMG_6624.JPG

欄間です。

まさに豪華絢爛です。

雪中梅竹鳥図は部屋の四面が四季を表しています。

こちらは渓流と蓮で夏を表しています。

(続く)
nice!(20)  コメント(1) 

nice! 20

コメント 1

Take-Zee

こんにちは(^-^*)/
立派なる部屋ですね。
でも、とても寛ぐことが出来そうにないです。

by Take-Zee (2018-06-11 12:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。